So-net無料ブログ作成

今更、5月の北海道スポーツサイクルフェスティバルの話。 [自転車]

最近、特に何もしていないので思い出話ばっかり書いてますね。
5月の下旬、夜勤明けの体に鞭打って会場のつどーむまでSTRIDAで行きました。
途中のコンビニで眠気覚ましにモンスターエナジーを一気飲み。
よし、いっぱい乗るぞい。
IMG_1856.jpg


会場に入ったらレッドブルのお姉さん達が試供品を1本くれました。
笑顔で開封してからくれました。
多分持ち帰ってからの転売とかトラブルを防ぐために開封しないとダメなのでしょう。
「また、どこがで会いましょうね〜お兄さん」と見え透いたお世辞にこちらもひきつった笑顔で応えつつ、グイッといきました。
う〜ん利尿作用が…。

電動アシスト自転車に乗ってみたかったのです。
あわよくば、SRAM e-Tapも試してみたかったのですが、SRAM組のロードバイクは見当たりませんでした。

そんなわけで電チャリから。
IMG_1854.jpg

BESVというブランドのものを各種乗らせていただきました。
電動アシスト初体験で楽しかったです。
アシストにはハブ軸にモーターを組み込んだものと、写真のようにボトムブラケット前に組み込んだものがあり、前者の方が大トルクが出せるそうです。
ボトムブラケット側に組むと、変速機で増速する分、トルクが細くなってしまうので、それを補うためにバッテリー容量を増やしましたと説明を受けました。
乗った感じはハブどう軸の方がグイグイ押し出してくれて効いてる感がありますが、人工的な感じ。
ボトムブラケット前の方が、自然で好印象でした。
今のところ、買いはしませんが、もっと筋力が衰えたら欲しくなるでしょうね。
その頃には価格もこなれていることを期待しています。
写真のMTBはカーボンフレームで約50万円です。

イベントの公式サイトに私がよぼよぼと走っている姿が載ってしまいました。
写真映りが悪いです(ということにしてください)。

キャノンデールでCAAD 12に乗せてもらい感銘を受けます。
アルミとは思えない軽さとしなやかさ。
エントリークラスのカーボンロードよりもイイ!
スタッフさんにその旨を伝え、「これ以上のバイクは要らない、素晴らしい!」と称賛すると喜んでいただけました。
カーボンのエントリーロードよりも良いと言いましたが、キャノンデールでもそういう狙いで開発しているそうです。
そして価格もGIANTなどのカーボンロードバイクより高いです。
油圧ディスクブレーキのロードバイクにも乗ってみたかったので、目に付いたSYNAPSE HI-MOD DISCにも乗ります。
試乗後の僕「やっぱ、こっちの方がいいですw」
スタッフさん「そりゃそうですよw」
写真を撮ったつもりなんですが、撮ってませんでしたね〜。
最近こういうことが多くて悲しいです。
寄る年波を感じます。

買えもしないトップモデルも。
IMG_1855.jpg

PINARELLO DOGMA F10です。
以前乗らせてもらったDOGMA 65.1はガチガチに硬くて乗りこなせそうにない硬派でした。
最新のF10は驚くほど乗り味が優しくなって、呑気なサイクリングにも使えそうです。
お金さえあればですが。
仕上げ品質の高さは圧倒的で床の間に飾りたくなるのも頷けます。
今回初めてフツーのfizik ARIONE に座りました。
入門用の私のversusよりも座り心地が良いですね。
う〜ん、溝付きサドルは合わないのかなぁ。

現実的に買えそうな自転車の中ではファットバイクが気に入りましたね。
IMG_1857.jpg

スペシャライズドのFAT BOYです。
乗り心地がふわふわで楽しい。
もう、スピードを求める体力もないので、これでのんびりポタリングして気の向くまま土手を駆け下りてみたりしたいです。

他にも色々と試させてもらって、昼には大満足で帰りました。
朝から2本もエナジードリンクを飲んでしまって、全然眠れなかったのは御察しの通りです。



nice!(10)  コメント(5) 
共通テーマ:スポーツ